おすすめはエクオール!更年期症状を乗り切るためのコツ | うららかリズム

更年期を上手に乗り切るコツ -更年期症状のメカニズム-

40~50代の更年期には、心や体に様々な変化が表れます。そんな更年期症状で悩む女性におすすめしたいのが、「エクオール」という成分です。

エクオールは、美容効果があることで知られる大豆イソフラボンよりも、さらに女性にとってうれしい働きをしてくれる成分として、いま注目を浴びています。ここでは、更年期に表れる症状や、そのメカニズム、そして効率よくエクオールを摂取する方法までをご紹介します。

更年期と上手に付き合っていくには…

更年期を上手に乗り切る

女性なら誰にでも訪れる更年期。多くの人は、40代~50代前後に更年期が訪れると言われています。身体のだるさや体調の変化、イライラなど、他にも様々な症状があるのが更年期の特徴です。

また、近年は若年性更年期というのもあり、20代~30代と若いうちから更年期の症状が現れる人も珍しくありません。しかし、そのほとんどが、ただのストレスだと思われ見落とされているようです。

ここでは、そんな更年期を上手に乗り越えるにはどうしたら良いのか、更年期と上手く向き合っていくコツを紹介していきます。ぜひ、参考にしてみて下さい。

まずは更年期症状のセルフチェック

更年期の症状は、自分でも判断が難しく、ストレスや年齢のせいとして、見落とされていることが多いようです。まずは、更年期症状を知り、セルフチェックしてみましょう。

更年期症状セルフチェック

症状1、
眠りが浅い、もしくは眠れない
症状2、
急にイライラするようになった
症状3、
以前に比べ寒がりになった
症状4、
食べる量は変わっていないのに20代に比べ体重がかなり増減した
症状5、
ホットフラッシュがある(顔や身体が急にのぼせたり火照ったりするようになった)
症状6、
汗をかきやすい
症状7、
動悸や息切れをするようになった
症状8、
生理不順、または不正出血
症状9、
身体がだるい
症状10、
肩こりがひどくなった
症状11、
頭痛が増えた、または頭痛の症状がひどくなった
症状12、
耳鳴りやめまいを起こすようになった
症状13、
無気力・倦怠感
症状14、
ドライマウス・ドライアイ
症状15、
むくみがひどくなった
症状16、
すぐに疲れる
症状17、
なかなか疲れが取れなくなった
症状18、
時々吐き気がある
症状19、
不安になったり、気分が落ち込んだりすることが多くなった
症状20、
時々腹痛になる

更年期症状の多くは、ストレスや体調不良、加齢のせいとして見落とされてしまいがちです。上記のチェック項目は、あくまで参考程度のものですが、チェック項目に対して複数個該当しているなら、更年期の変化が訪れている可能性があります。

更年期症状が起こるメカニズム

更年期を迎えた女性の心身には、様々な症状があらわれます。そんな更年期症状は、どうして起きるのでしょうか?ここでは、更年期に変化が起こるメカニズムを説明していきます。

そもそも更年期とは……

女性は、40代に入ったころから「卵巣機能」が少しずつ低下していき「閉経」をむかえます。「更年期」は、この「閉経」をむかえる前後10年のことです。

更年期に変化が起こるメカニズム

女性ホルモンと呼ばれるホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。女性の身体は、この2種類の女性ホルモンのバランスが取れていると、健康で若々しくいられます。

しかしエストロゲンは、年齢と共に除々に減少してしまいます。特に40代に入った頃からはエストロゲンが急激に減少していき、体内のホルモンバランスに乱れが生じます。これが更年期の変化を引き起こす原因となるのです。

また、ホルモンバランスが乱れることによって自律神経の調整も乱れてしまいます。これも、身体や心に様々な不調が現れる原因となります。

「エストロゲン」と「プロゲステロン」、この2種類の女性ホルモンのバランスがとれていると、身体も心も元気で健康でいられますが、更年期になると「エストロゲン」より「プロゲステロン」が多くなり、ホルモンバランスが徐々に崩れてきます。自律神経の調整も乱れがちになり、身体や心に不調が出やすくなるのです。

更年期と上手く付き合うには

更年期を上手に乗り切るためには、症状をやわらげる方法を知っておくことが大切です。さまざまな方法の中から、自分に合った対策を見つけましょう。

対策1.生活習慣の改善

生活習慣の改善

更年期症状を改善するためには、バランスのいい食事や良質な睡眠が欠かせません。なかなか寝付けない人や、睡眠が浅く夜中に目が覚めてしまう人は、睡眠の質が悪化している可能性があります。寝室の環境や寝る前の習慣を見直してみてください。

睡眠不足は更年期症状を悪化させる原因の一つとしても知られています。睡眠時間の確保が難しい方は、まず眠りの質を高めることから始めましょう。

対策2.ストレスを溜めない

ストレス解消

ホルモンバランスや自律神経が乱れやすい更年期は、ストレスの影響を受けやすい時期です。仕事や家事の忙しさもあり、小さなことでもイライラしやすくなってしまいます。

更年期症状を軽減するためには、ストレスを溜めないようにして、適度にストレスを発散することが大切です。好きな音楽を聞いたり、気の合う友人と話をしたり、趣味を楽しんだりするなど、リラックスできる時間を作るように心がけましょう。

対策3.適度な運動

適度な運動

身体がだるいからといって体を動かさないでいると、徐々に代謝が悪くなり、更年期症状がますます悪化してしまうこともあります。気持ちをリフレッシュするためにも、適度に体を動かすことが大切です。

軽いジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動は、自律神経のバランスを安定させるのに効果的と言われています。運動が苦手な方や時間がとれないという方も、家事を行う際に大きく体を動かしたり、歩いて買い物に行くなどして、少しでも体を動かすようにしましょう。

対策4.大豆製品を摂取する

大豆製品を摂取する

大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性の美しさをサポートする成分として知られています。現在ではさまざまな大豆製品が販売されているうえ、サプリメントも充実しているので、手軽にできる更年期対策として続けている方も多いようです。

大豆イソフラボンだけではなく、スーパーイソフラボンと呼ばれる成分「エクオール」も話題になっています。

更年期女性は「エクオール」を味方につけて

更年期に大豆イソフラボンを摂取するといいというのは、一般的によく知られていると思います。ところが最近の研究により、大豆イソフラボンそのものよりも、イソフラボンが腸内細菌によって変換された「エクオール」という成分の方がより有効だということが分かってきました。

エクオール(スーパーイソフラボン)は女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た構造そしていて、同じような働きをしてくれるとして注目を集めています。

1日に理想とされるイソフラボンの量とは?

1日に必要なエクオールの目安量は「10mg」程度だといわれています。身近な食材から摂取するなら、以下の量を毎日食べることになります。

  • ・納豆1パックあたりのイソフラボンの量は、約36.8 mg
  • ・豆腐半丁で、約22.3 mg
  • ・油揚げ半丁で、約29.4 mg
  • ・豆乳1杯で、約49.6 mg

エクオールは体内に留めておけないので、これだけの大豆製品を毎日摂取しなければなりません。

また、大豆製品からイソフラボンを摂取しても、腸内環境によっては、エクオールに変換しないこともあります。というのも実は、日本人女性の約50%はエクオールを体内で作ることができません。つまり、イソフラボンを摂取しても効果が出る人、出ない人がいるということなのです。

エクオールを体内で作れない人は、サプリメントで効率良く摂取するといいでしょう。イソフラボンをエクオールに変換できない人でも、サプリメントなら、手軽にしっかりエクオールを摂取することができます。エクオールサプリメントは、更年期を迎えた女性にとって心強い味方です。

更年期による変化が早く訪れる人と遅い人の違いは?

更年期の変化を感じるタイミングは、人によって様々です。30代後半から変化を感じ始める人もいれば、50歳を過ぎてから変化を感じる人もいます。

変化を感じるタイミングが早い人と遅い人では何が違うのでしょうか? 詳細はまだ解明されていませんが、一般的に挙げられている要因をご紹介します。

更年期による変化が早く訪れやすい人

  • ・不妊治療を受けたことがある人
  • ・子宮内膜症の手術を受けたことがある人
  • ・がん治療を受けたことがある人
  • ・喫煙している人
  • ・血行不良(冷え性)の人

上記にあてはまる人は、変化が早く訪れやすいといわれています。生活習慣の見直しや、エクオールサプリメントなどを取り入れるなど、早めに対策をしておきましょう。

更年期による変化が遅くなりやすい人

  • ・もともと経血量が多い人(エストロゲンの分泌量が多い)
  • ・体内脂肪が多い人(女性ホルモンが大量に分泌されている)
  • ・普段から乳製品や大豆製品をよく食べている人

上記にあてはまる人は、変化が訪れるのが遅くなる傾向にあるようです。ただ、生活習慣やストレスの程度、体調などによっても変わってきますので、心と体を健やかに保つことが大切です。


近年では若年性更年期という言葉も生まれており、ホルモンバランスの乱れなどが原因で、20代~30代で更年期症状に似た変化が現れることも珍しくありません。

更年期にあらわれる心身の変化は、生活習慣を見直し、早い段階で健康的な生活を送ることで遅らせたり軽減したりすることができます。まだ変化を感じていない方も、早めにエクオールを摂取しはじめるなどして、女性ホルモンの働きを助けることが大切です。

男性の更年期症状

男性の更年期症状

更年期症状というと女性特有のもののように思われますが、実は男性でも40代を過ぎたころから心身の変化を感じる方が多いようです。しかし男性の更年期症状はまだ馴染みがないという方も多く、ただの不調だと思い我慢してしまう方も少なくありません。

年齢に伴う変化を感じているときは、無理をしないことが大切です。下記のような症状を感じている方は注意が必要です。

  • 症状1、頭痛・めまい
  • 症状2、抑うつイライラ
  • 症状3、筋肉量の低下

男性の更年期対策

男性の更年期対策でも、生活習慣を見直すことが基本となります。下記3つのポイントを意識してみてください。

対策1、生活習慣の改善

日頃から適度な運動を行ない、規則正しい時間に就寝・起床するように心がけましょう。

対策2、体力がつく効果的な食べ物を食べる

にんにく、にら、玉ねぎ、モツ鍋、オクラ、山芋、ナメコ、納豆、セロリ、しじみ、緑茶、鮭、アーモンドなど、更年期予防や対策になる食材や料理を食べるようにしましょう。

対策3、サプリメントを摂取する

大豆イソフラボンは、女性ホルモンだけでなく男性ホルモンにも似た働きをする成分です。そのため、男性が更年期で悩んでいる場合も、イソフラボンを摂取することが大切です。

しかし普段の食生活だけで、大豆に含まれるイソフラボンを充分に摂取するのは簡単ではありません。そこでおすすめしたいのが、エクオールサプリメントです。実はエクオールサプリメントは、男性の更年期改善にも効果が期待できるといわれています。さらに、その他にも下記のような効果を期待できるといわれています。

  • ・育毛効果
  • ・痛風や前立腺がんの予防
  • ・筋肉量UP

毛量で悩んでいる男性は多いですが、更年期対策と併せて育毛効果も期待できるというのは、エクオールの大きな魅力です。エクオールはサプリメントで摂取できるので、食生活が不規則になりがちな方でも手軽に摂ることができます。噛んで食べられるサプリメントなら、水なしでも飲めるため、外出時の持ち運びにも便利です。

エクオールを摂取して身体も心も快適に更年期を過ごそう!

エクオールは、女性にとっても男性にとっても、更年期対策の強い味方になってくれる成分です。体内でエクオールを作ることができない人でも、サプリメントを使えば手軽にエクオールを摂取することができるのでおすすめです。

更年期の症状は放っておいて勝手に治るものではありません。少しでも快適に過ごしたいと考えているなら、エクオールサプリメントを始めてみましょう。