不定愁訴とエクオール | うららかリズム

不定愁訴とエクオール

女性ホルモンの分泌が大きくゆらぎながら減少していく更年期は、心身に思いもよらぬ不定愁訴が現れます。
不定愁訴は個人差がありますので、自分の症状レベルに応じた正しいケアをしていくことが大切です。

不定愁訴(フテイシュウソ)とは?

不定愁訴」とは、医療機関で十分な検査を受けても、本人が訴えるような痛みやだるさなどの症状の原因が特定できず、正確な診断がつかない状態を言います。

不定愁訴は、何となく身体の調子が悪いという程度の症状から始まり、「倦怠(けんたい)感や動悸(どうき)、皮膚のかゆみなどの全身症状、耳鳴りや味覚異常などの感覚器の違和感、食欲不振、便秘、下痢/肩こりや手足のしびれ、冷え、ひん尿、血尿、月経不順/息切れ、めまい、頭痛、不眠」など多岐にわたる身体症状を伴います。

環境の変化によるストレスや自身の生活スタイルの問題などの要因と考えられ、自律神経失調症と診断されることもあります。また、更年期の女性はホルモンバランスの乱れから不定愁訴の症状が出やすく、上記の症状を経験しているケースが多いと言われています。

原因が特定できないために、周りへの対応が時には強すぎるために、周囲から誤解されやすく、適切な対応をとられないケースもあるようです。

このように不定愁訴からメンタル不調にも繋がりやすいため注意が必要です。

更年期と不定愁訴

不定愁訴で一番多いのは45歳〜55歳くらいで、とくに、日常生活に支障が出るほどの症状が出ている場合、更年期障害の可能性があると言われています。

更年期は、「不定愁訴(ふていしゅうそ)」との関連性が高く、頭痛や肩こり、ほてり、のぼせ、だるさ、むくみなどの、症状が少なくありません。

ただ、更年期の症状はエストロゲンの減少だけでなく、仕事や家庭環境などの心理的な要因も複雑に関与するため、個人差が激しく、全身のあらゆる箇所に現れると言われています。

ここでは、更年期によく見られる代表的な症状について紹介します。

代表的な更年期の症状

  • ・精神神経系
    頭痛、めまい、耳鳴り、もの忘れ、憂鬱、不眠・不安感など
  • ・血管運動神経系
    のぼせ、ほてり、発汗、冷え、息切れ、動悸など
  • ・皮膚・分泌系
    皮膚や粘膜の乾燥、湿疹、発汗、ドライアイなど
  • ・消化器官系
    食欲不振、吐き気、便秘、下痢、腹部膨満感など
  • ・運動器官系
    肩こり、頭痛、背筋痛、関節痛
  • ・泌尿器・生殖器系
    月経異常、頻尿、残尿感、尿失禁など

女性に見られる更年期障害

女性の更年期障害の症状は、閉経の前後に現れます。
閉経の前後に女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少し、閉経するとエストロゲンの分泌はなくなります。この卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが減少することで更年期特有の症状が現れます。

▼代表的な症状

    ほてり・のぼせ・手足の冷え・発汗・頭痛・めまい・不眠・しびれ・どうき・肩こり・腰痛・疲労感・憂うつ・イライラなど。

これらの症状が重なり、病院で検査をしても原因が特定できないため「不定愁訴」とも言われます。

男性に見られる更年期障害

男性には、女性の閉経のような時期はありませんが、最近では、男性にもよく似た症状が見られることがわかっています。

男性の場合は、加齢によって男性ホルモン(テストステロン)が減少するために更年期障害の症状が現われますが、必ずしもホルモンの減少が原因で起こるとも限りません。環境の変化によるストレスや体力の低下など、ホルモンの減少以外にも、様々な要因が大きく影響してきます。そのため、症状が自覚しにくいともいえます。

▼代表的な症状

    憂うつ・イライラ・不眠といった精神症状が現われやすい傾向があります。
    他に、疲労感・ほてり・発汗・しびれなど。

症状が自覚しにくいだけに、疲れや年齢のせいにしてしまいがちですが、実は更年期障害のひとつであることが少なくありません。

エクオールでホルモンバランスを整える

更年期症状は、食生活の偏りや運動不足による冷えなどから、ホルモンバランスが崩れ、月経不順や自律神経の乱れなどから、症状が出ることが多いとされています。

日常できる手軽な対策として、大豆に含まれる「イソフラボン」を取り入れるのがよいとされています。

「大豆イソフラボン」は女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをする作用があるということで、サプリメントも多くあります。近年の研究で、大豆を食べた際に、腸内の細菌が生み出す「エクオール」という成分が女性ホルモンに代わる作用をもたらしていたことが分かりました。

一般的に、更年期症状の治療には、その要因によりホルモン補充療法、漢方療法、向精神薬療法等の治療法が用いられますが、症状が軽い、症状があまり気にならない方は、サプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか。

大豆イソフラボンの代謝物であるエクオールは、女性ホルモンと似た働きをする成分で、なんだか調子が悪い、ぼーっとしてしまうといったことが続くときには効果があると言われています。

ホルモンバランスを整えることで、更年期障害の緩和にも繋げることができると言われていますので、サプリメントなどを上手く取り入れるなど、自分の症状レベルに応じた正しいケアをしていきましょう。