ホットフラッシュやシワも改善できる!?今話題のエクオールって?サプリメントも上手に活用しよう | うららかリズム

ホットフラッシュやシワも改善できる!?今話題のエクオールって?

いま中高年の女性の間で、「エクオール」という成分が話題になっています。
エクオールは、更年期症状のひとつであるホットフラッシュや、肌のシワの改善に効果があるとして、様々なメディアでも取り上げられています。
ここでは、そんなエクオールのパワーについてご紹介します。

女性の味方「大豆イソフラボン」

「肌のハリが減ってきた」
「髪がパサつく気がする」
「気持ちのコントロールが上手くできなくなってしまった」

年齢と共にこんな変化を感じていませんか?もしかしたらその変化は、女性ホルモンの減少が原因かもしれません。

ホルモンとは、体が正常に動くようにする「情報伝達物質」のことで、その中でも女性ホルモンは、その名の通り【女性らしさ】をサポートしてくれる物質です。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり、この2つがバランスよく働くことで女性の健康と美容をサポートしています。

ところが、女性ホルモンの片割れ・エストロゲンは、更年期を迎えたころから分泌量が減ってしまいます。エストロゲンの分泌量が減ってホルモンバランスが崩れると、「なんだか怠い」「イライラする」など、お肌や髪だけでなく、体や心にも変化が表れてくるのです。

これは女性であれば誰にでも訪れるターニングポイントで、どれだけ気を付けていても、年齢に伴うエストロゲンの減少を食い止めることはできません。

ただ、エストロゲンによく似た働きをする成分を摂ることで、更年期に訪れる変化を緩和することはできます。そこで登場するのが、大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」です。

大豆イソフラボンは頼れる救世主!


女性のきれいをサポートする成分として、化粧水の原料などにも使われる大豆イソフラボン。実はこの大豆イソフラボンは、女性ホルモン・エストロゲンと似た構造を持っていて、減ってしまったエストロゲンに代わり、女性の美と健康をサポートしてくれる成分として知られています。

エストロゲンの分泌量が減少していく更年期の女性にとって、大豆イソフラボンは、まさに頼れる救世主。豆腐や納豆などの大豆食品に含まれているので、和食中心の食生活を意識するだけで摂取できるというのも嬉しいところです。

しかし、だからといって大豆製品だけを食べていればいいというわけではありません。エストロゲンの分泌量が減ってしまう原因は加齢だけではなく、不規則な生活もエストロゲン減少の原因の一つだと言われています。

生活習慣と食生活は健康の基盤となるものです。心身の変化を感じたら、まずは生活習慣と食事の内容から見直すことから始めてみましょう。

「スーパーイソフラボン」の正体は?!

美のホルモン「エストロゲン」と似た働きをする大豆イソフラボン。しかしいま、その大豆イソフラボンよりも、更にエストロゲンに似た構造をしていると注目を浴びている成分があります。

それが、大豆イソフラボンから生まれる成分「エクオール」です。そのパワーは様々なメディアで取り上げられ、更年期の女性を中心に話題となっています。

実はこの「エクオール」は、大豆イソフラボンに含まれる成分「ダイゼイン」が、腸内細菌によって変換されることで生まれるものです。 大豆イソフラボンの姿のままよりも、エクオールの方がエストロゲンに似た構造をしているため、「スーパーイソフラボン」と呼ばれるようになりました。

臨床試験で認められたエクオールの効果

臨床試験により、エクオールには様々な効果があることが証明されました。
臨床試験の結果をもとに、エクオールに期待できる効果をご紹介します。

データ引用元:更年期ラボ(http://ko-nenkilab.jp/)

ホットフラッシュの改善

ホットフラッシュは更年期症状の一つで、急にカーッと熱さを感じて大量の汗をかいたり、顔が赤くなってしまう症状です。エクオールをつくれない女性たちに1日10mgのエクオールを12週間飲み続けてもらったところ、ホットフラッシュの回数が平均2回減少するという結果になりました。

ホットフラッシュのあるエクオールを産生しない45~60歳の閉経後女性126人を、エクオール10mg摂取群とプラセボ摂取群に分け、12週間毎日摂取してもらった。エクオール摂取群のほてりが明らかに改善した。
(出典:Aso T et.al.J Womens Health 21:92-100. 2012)

首こり、肩こりの軽減

肩こりも更年期にあらわれやすい症状の一つです。12週間にわたってエクオールを摂取し続けたところ、首や肩のこりが軽減したという結果が出ています。

1日1回以上ほてりを感じ、エクオールを産生しない45~60歳の閉経後女性126人を、エクオール10mg摂取群とプラセボ摂取群に分け、12週間毎日摂取してもらったところ、首や肩こりが軽減した。
(出典:Aso T et.al.J Womens Health 21:92-100. 2012)

目尻のシワが改善

更年期を迎えて女性ホルモン・エストロゲンが減少すると、肌のハリが失われやすくなってしまいます。12週間にわたる試験を行った結果、エクオールを摂ることで目尻のシワが浅くなったという結果が出ています。

エクオールを産生しない45~60歳の閉経後女性101人を、エクオール10mg群、30mg群、プラセボ摂取群に分け、12週間摂取してもらったところ、エクオール摂取群で目尻のシワの面積と深さが有意に抑制された。
(出典:Aso T et.al.J Womens Health 21:92-100. 2012)

エクオールに関する噂のウソ・ホント

大豆製品や、大豆イソフラボンサプリメントの効果を調べたときに、「効果があった」「効果はない」と、両方の意見を耳にしたことはありませんか?

同じ成分を摂っているのに、このような差が出るのはどうしてなのでしょうか?そこで、エクオールに関する噂のウソ・ホントについて調べてみました。

日本人女性の2人に1人は、エクオールがつくれない?!

 ホントです!

鍵を握るのは、エクオールを作る「腸内細菌」です。

エクオールが大豆イソフラボンと腸内細菌の働きで作られるという話は、前述の通りです。つまり言い換えると、エクオールを作るための腸内細菌(通称:エクオール産生菌)が腸内にいないと、体内で作ることができないということです。

実はこの腸内細菌は、日本人女性の約50%しか持っていないことが分かっています。つまり、エクオールを体内で作れるのは、日本人の2人に1人だけだということになるのです。

大豆製品を食べて効果を感じられる人/感じられない人がいるのは、エクオールをつくるチカラによるものだと考えられています。大豆食品を食べても効果が感じられなかった人は、もしかするとこの腸内細菌を持っていないのかもしれません。

また年齢別に見てみると、エクオールを作れる人の割合は中高年女性の50%程度、若年女性では20%程度という結果が出ています(※)。これは食生活の欧米化が進み、大豆食品を食べる機会が減っていることが原因ではないかといわれています。


※出典:日本女性医学学界雑誌,20,2,313,332-2012
更年期と加齢のヘルスケア,7,1,26-31,2008
一部改変

エクオールを作れない人でも大豆をたくさん食べれば作れるようになる?!

 残念ながら…ウソです!

私たちの腸内には、まるで「フローラ(お花畑)」のようにたくさんの細菌が住んでいます。

この腸内細菌の種類は人によって様々ですが、子どもの頃にほぼ決定されると言われています。それまで腸内にいなかった細菌が、大人になってから急に増えるという可能性はとても低いようです。つまり、エクオール産生菌が居ない人は、残念ながらこの先も住み着かせることは難しいということになります。

エクオール産生菌を持っていない人は、大豆食品をどれだけ食べても、エクオールが作られないまま体外へと排出されてしまいます。体内でつくれない人は、エクオールサプリメント等を活用して直接成分を摂取するようにしましょう。

エクオールが作れる人でも、作れなくなることがある?!

 ホントです!

チェックキットなどによって「エクオールが作れる」と診断された人も、体調やストレス、不規則な生活習慣などによって作れなくなってしまうことがあります。

腸内細菌が住む腸は、ストレスの影響をとても受けやすい臓器と言われており、ストレスによって腸内環境が大きく変動してしまいます。さらにストレスだけでなく、体調を崩した場合にも腸内環境は変化します。腸内環境が乱れると、腸内細菌のバランスが変化し、それによりエクオール産生菌の働きに影響が出てしまうことがあるのです。

また、様々な研究データによると、1日に必要なエクオールの目安量は10mgとされています。この量のエクオールを生み出すために必要な大豆食品の量は、木綿豆腐で2/3丁、納豆だと1パック程度です。

これくらいであれば簡単に食生活に取り入れられそうな気がしますが、実はエクオールは、体の中に留めておくことができません。体内で作れていても、1~2日で体の外に排出されてしまうため、毎日たっぷり大豆製品を食べなくてはいけません。毎日コンスタントにエクオールを作るのは、なかなかハードルが高そうです。不足してしまう分はサプリメントなどで補いましょう。

エクオールを作れない人が成分を摂取する方法

日本人女性の2人に1人はエクオールを作れないのは事実ですが、「エクオールを作れない」=「成分を摂取できない」ということではありません。体内で作れない人でも、エクオールサプリメントを毎日の習慣にすれば、成分を直接補うことができます。

エクオールサプリメントで直接摂取した成分も、腸内で産生される成分と同じように、エストロゲンと似た働きをしてくれます。成分を体内で作れない人はもちろん、作れる人であっても、毎日大豆食品を食べる習慣がない場合には、エクオールサプリメントを取り入れることをおすすめします。

エクオールサプリメントの魅力の一つが、持ち歩けて外出先でも手軽に摂取できるという便利さです。 大豆製品を毎日しっかり食べるのはなかなか難しいため、無理なく生活の中に取り入れられるサプリメントを活用しているという方も多いようです。

更年期を迎えて心身の変化を感じているという方は、まずはエクオールサプリメントから始めてみてはいかがでしょうか。

エクオールについてのまとめ

ホルモンバランスが乱れると、イライラしたり肌が荒れたりなど、心にも体にも影響が出やすくなります。ホルモンは私たちの体をコントロールしているものですが、中でも女性らしさを保ってくれる女性ホルモンについての情報は気になるものです。

女性ホルモンは、テレビや雑誌などで取り上げられることも多い話題です。「女性ホルモン」「エストロゲン」「エクオール」というキーワードについて、「言葉だけは聞いたことがある」という人も多いのではないでしょうか。

改めて話題のキーワードについて、おさらいしていきましょう。

エストロゲン

ホルモンは、体を正常に動かすための物質であり、中でも女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は、「美のホルモン」と呼ばれているほど、女性らしさをサポートしてくれる成分。
しかしエストロゲンは、年齢とともに分泌量が減ってしまい、それに伴って体と心に変化があらわれる場合がある。


エクオール(別名:スーパーイソフラボン)

女性ホルモン・エストロゲンと似た働きをする成分。大豆イソフラボンから産生されるが、体内で産生できるのは、日本人女性の2人に1人といわれている。
サプリメントで摂取した場合も、体内で産生された成分と同じ働きをしてくれるため、エクオールサプリメントが注目を集めている。

エクオールが作れる人でも、1日に必要なエクオール量には足りていない場合があります。また、生活習慣やストレスなどによって腸内環境が変わると、大豆製品を食べても体内で作れなくなってしまうこともあります。

エクオールを作れるけれど産生量が少ないという方は、まず腸内環境を整えることが重要です。そのために、食事のバランスにも気を付けてみてください。とくに、お腹に良い成分として有名な食物繊維は、エクオール産生菌をはじめとする乳酸菌のエサとなります。食物繊維を含む食品と大豆食品を一緒に食べることで、エクオール産生菌の働きを活発にする効果を期待できます。

とはいえ、毎日バランスを意識した食事を摂るのは難しいものです。毎日コンスタントに摂取するために、エクオールサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか。

バランスの良い食事、規則正しい生活、そしてサプリメントの力を借りて、いつまでも、明るく笑顔あふれる生活を続けていきましょう!