「腸活」で更年期症状が和らぐ? 腸内環境を整えて体の中からきれいに | うららかリズム

「腸活」で腸内環境を整えて体の中からきれいに

体の美しさを手に入れるためには、体の中から調子を整えてあげることが大切です。とりわけ腸内環境は美容と深い関係にあります。腸内環境が乱れると肌荒れを起こしやすいといわれるように、体の中の状態が良くないと外見にも大きな影響を与えます。

今回は、腸内環境を整えてきれいな体を手に入れるための「腸活」について紹介します。

第二の脳ともいわれる腸の働きとは

第二の脳ともいわれる腸の働き

腸は第二の脳ともいわれるほど人間の体に大きな貢献をしています。腸内には1億個もの神経伝達物質が存在し、この神経伝達物質が自律的に活動して腸内のさまざまな機能を支えています。

そのため、腸内の働きが悪くなると、体のいたるところに変調をもたらしてしまいます。便秘になりやすくなるのはもちろん、血液がドロドロになったり、肌荒れを引き起こしたりなど、腸の状態が影響する体の不調は数え上げるときりがありません。それだけに、腸内環境を整えることは健康や美容にとって非常に重要なことなのです。

話題の「腸活」って何?

腸内環境を整える上では、腸内に生息する細菌の存在も忘れてはなりません。腸内には約500~1000種類、実に100兆個もの細菌が生息しているといわれています。腸内では、絶えず良い細菌と悪い細菌が闘っており、体外に排出される便の3分の1は細菌の死骸だということもわかっています。

腸内環境を整える「腸活」というものが話題になっていますが、要するに腸活とは腸内の良い細菌を増やして、悪い細菌を撃退しようという試みです。腸活においても、日常から健康的な習慣を心がけることが大切になってきます。

お通じの改善や美肌効果も!腸活がもたらす美容・健康効果とは

腸活でお通じの改善や美肌効果も

腸活によって腸内環境が整えられると、まずお通じの改善が期待できます。

腸の主な活動内容は体外への老廃物の排出です。このとき、腸内環境が悪く腸の働きが鈍っていたとしたら、老廃物が体外へ排出されずに体の中に残ってしまうことになります。これがいわゆる便秘というものです。

腸内環境を整えるということは、腸の働きを活性化させるということです。腸の働きが活性化されれば、老廃物が滞ることなく体外に排出されるようになります。お通じが改善されて、便秘の解消につながるというわけです。

腸内環境の改善が美肌につながる!

また、腸内環境の改善は美肌にもつながります。腸内環境が悪化すると肌荒れを起こしやすくなりますが、これは老廃物が腸内に残留することで代謝の流れが滞り、必要な栄養が体の各器官に行き渡らなくなってしまうためです。腸活をして腸内環境を良くすることができれば、老廃物が残留することも防ぐことができるため、必要な栄養が体全体に行き渡って肌の栄養状態も改善することになります。

腸活はほかにも睡眠不足の改善や慢性的な疲れの緩和など、さまざまな美容・健康効果が期待できるといわれています。健康や美容にとって、腸活はまさに不可欠な習慣ともいえるわけです。

腸内環境が悪化すると、体内で作れなくなる成分も…

腸内環境が悪化するとエクオールが作れなくなってしまう

「エクオール」という成分のことをご存知でしょうか。エクオールとは、大豆イソフラボンから生まれる成分で、エストロゲンという女性ホルモンと似た働きをすることで知られています。

女性らしい身体を形成するのに必要なエストロゲンは、美肌にとっても欠かすことのできない成分です。しかし、エストロゲンは年齢と共に分泌量が少なくなっていき、特に更年期を過ぎたころからは急激に減少してしまいます。

そこで注目を浴びているのが、エストロゲンと似た働きをするエクオールです。エクオールは、減ってしまったエストロゲンの働きをサポートし、女性の美容や健康にさまざまな貢献をしてくれる成分として期待されています。

実はこのエクオール、腸内細菌の働きによって生まれるということがわかっています。大豆製品などを食べたときに摂取される大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換されることで、エクオールは生まれます。

しかし、腸内に住み着いている細菌の種類には個人差があり、腸内でエクオールをつくれない人もいます。さらに、エクオールの素となる大豆製品をあまり食べない人は、エクオールをつくる腸内細菌を持っていたとしても、生成できなくなってしまう可能性もあります。

エクオールは女性にとって心強い成分です。エクオールをつくる腸内細菌を持っていない人や、大豆製品を日常的に食べる習慣のない人は、エクオールサプリメントを使って成分を直接摂取しましょう。

腸内細菌を元気にする食べ物とは

腸内細菌を元気にする食べ物

腸活によって腸内環境を整えるためには、良い細菌、すなわち善玉菌を増やして、悪い細菌である悪玉菌を減らすことが一番の対策になります。そのためにも、善玉菌を多く含む食品を積極的に摂取していくことが大切です。

たとえば、ヨーグルトは善玉菌を豊富に摂取できる食品としてよく知られています。乳酸菌やビフィズス菌など、腸内環境を改善する多くの善玉菌を含んでいるヨーグルトは、毎日の食生活にぜひとも取り入れたいところです。

また、キムチや納豆などの発酵食品にも善玉菌が多く含まれています。発酵食品には善玉菌だけでなく、ビタミンやミネラルなども豊富です。特に大豆製品である納豆は、エクオールの生成にも関わってきます。食べ過ぎは禁物ですが、腸内環境を整えるのに大きく貢献してくれるでしょう。ほかにも、オリゴ糖やオリーブオイルは腸内環境の改善に効果があるといわれています。

ただ、ヨーグルトや発酵食品から善玉菌を摂取しているだけでは腸活にはなりません。善玉菌を摂取したら、それを腸内に定着させることが大切だからです。そのためにも、善玉菌と一緒に水溶性食物繊維を摂取するようにしましょう。昆布やごぼうなどの食品は水溶性食物繊維を豊富に含み、摂取された善玉菌の定着を促してくれます。

サプリメントも上手に活用して腸活しよう!

サプリメントも上手に活用しよう

腸活のためには、まず食生活を改善することが大切です。ヨーグルトやごぼうなどを積極的に摂取して、腸内の善玉菌を増やしていく取り組みを行っていきましょう。

それに加えて、サプリメントも上手に活用していきたいところです。納豆などの大豆製品は苦手な人も多く、毎日摂取するのが難しい食べ物でもあります。発酵食品などは塩分も高いため、食べ過ぎるとかえって美容や健康の妨げにもなりかねません。

そこでおすすめしたいのがサプリメントの活用です。食物繊維や乳酸菌など、食事だけでは不足してしまう栄養素はサプリメントも上手に使って摂取しましょう。

腸内環境を整えることで、エクオールなど腸内で作られる成分もしっかり生成することができます。腸内環境を整えて、体の中からきれいを目指しましょう。