今話題のエクオールって?サプリメントの役割もご紹介! | うららかリズム

今話題のエクオールって?

女性の味方「大豆イソフラボン」

「肌のハリが減ってきたなぁ」
「このごろ気持ちのコントロールが上手くできなくなってしまった」
「髪がパサつく気がする」

年齢と共にこんな変化を感じていませんか?
もしかしたらその変化は、女性ホルモンの減少が原因かもしれません。

ホルモンとは、体が正常に動くようにする「情報伝達物質」のこと。
その中でも女性ホルモンは、その名の通り【女性らしさ】をサポートしてくれる物質です。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり、 この2つがバランスよく働くことで私たちの健康と美容をサポートしています。

ところが、女性ホルモンの片割れ・エストロゲンは、年齢とともに分泌量が減ってしまいます。

エストロゲンの分泌量が減って、ホルモンバランスが崩れてくると…… 「なんだか怠い」「イライラする」など、お肌や髪だけでなく、体や心にも変化が表れてくるのです。

これは誰にでも訪れるターニングポイントで、
どれだけ気を付けていても、年齢に伴うエストロゲンの減少を食い止めることはできません。
また、残念ながら減ってしまったエストロゲンの分泌量を増やすこともできません。

――そこで登場するのが、「大豆イソフラボン」です!

きれいをサポートする成分として、化粧水の原料やサプリメントとしても人気の大豆イソフラボン。
実はこの大豆イソフラボンは、女性ホルモン・エストロゲンと似た構造を持っていて、減ってしまったエストロゲンに代わり、美と健康をサポートしてくれる成分として知られています。

エストロゲンの分泌量が減少していく中高年の女性たちにとって、 大豆イソフラボンは、まさに頼れる救世主!
豆腐や納豆など、私たちが日常的に食べている食品に含まれているので、和食中心の食生活を意識するだけで摂取できるというのも嬉しいですよね。

ただし注意が必要なのは、エストロゲンの分泌量は、 加齢だけでなく不規則な生活が原因で減ってしまうこともあるという点です。

もしかしたらその心身の変化は、生活習慣と食生活に因るものかもしれません。
心身の変化を感じたら、まずは生活習慣と食事の内容から見直してみてください。

「スーパーイソフラボン」の正体は?!

美のホルモン「エストロゲン」と似た働きをする大豆イソフラボン。
しかし、その大豆イソフラボンよりも、更にエストロゲンに似ている成分があるのをご存知ですか?

「スーパーイソフラボン」とも呼ばれる成分……
それこそが、中高年女性を中心に話題となっている「エクオール」です!

実はこのエクオールは、大豆イソフラボンに含まれる成分「ダイゼイン」が、 腸内細菌によって変換されて生まれるもの。
大豆イソフラボンの姿のままよりも、 エクオールの方がエストロゲンに似た構造をしているため、 「スーパーイソフラボン」と呼ばれるようになりました。

つまり、スーパーイソフラボンの正体は、 大豆イソフラボンが進化したものだったのです!


ところで、大豆イソフラボンやエクオールサプリメントの効果を調べたときに、 「効果があった」「効果はない」と、両方の意見を耳にしたことはありませんか?

生活に取り入れるなら、しっかり効果があるものでないと意味がありません。

そこで、うららかリズムでは、 エクオールに関する噂のウソ・ホントについて調べてみました。

日本人女性の2人に1人は、エクオールがつくれない?!

 ホントです!

鍵を握るのは、「腸内細菌」です。

エクオールが大豆イソフラボンと腸内細菌の働きで作られるという話は、前述の通りです。 つまり言い換えると、エクオールを作るための腸内細菌(通称:エクオール産生菌)が腸内にいないと、体内で作れないということなのです!

実はこの腸内細菌は、日本人女性の約50%しか持っていないことが分かっています。

…ということは、エクオールを体内で作れるのは、日本人の2人に1人ということ。 2人に1人しか作れないのであれば、「効果がある」「効果がない」といった、両極端な意見が多数見受けられるのも納得できますね。 大豆イソフラボンのサプリメントや食品を食べても効果が感じられなかった人は、もしかするとエクオール産生菌が腸内にいないのかもしれません。

また年齢別に見てみると、エクオールを作れる人の割合は中高年女性の50%程度、若年女性では20%程度という結果が出ています(※)。 これは食生活の欧米化が進み、大豆食品を食べる機会が減っていることが原因ではないかといわれています。


※出典:日本女性医学学界雑誌,20,2,313,332-2012
更年期と加齢のヘルスケア,7,1,26-31,2008
一部改変

エクオールを作れない人でも大豆をたくさん食べれば作れるようになる?!

 残念ながら…ウソです!

私たちの腸内には、まるで「フローラ(お花畑)」のようにたくさんの細菌が住んでいます。
この腸内細菌の種類は人によって様々ですが、 子どもの頃にほぼ決定されると言われています。

それまで腸内にいなかった細菌が、 大人になってから急に増えるという可能性はとても低いようです。

つまり、今の時点でエクオール産生菌が居ない人は、 この先も増やせる可能性が低いということに…。

エクオール産生菌を持っていない人は、食品や大豆イソフラボンのサプリメントや食品を どれだけ食べても、エクオールが作られないまま体外へと排出されてしまうのです。

エクオールが作れる人でも、作れなくなることがある?!

 ホントです!

チェックキットなどによって「エクオールが作れる」と診断された人も、安心してはいけません。

エクオール産生菌が住む腸は、ストレスの影響をとても受けやすい臓器と言われています。
影響を受けやすい=ストレスによって腸内環境が大きく変動するということ。
さらにストレスだけでなく、体調を崩した場合にも腸内環境は変わってしまいます。

腸内環境が乱れると、腸内細菌のバランスが変化し、 それによりエクオール産生菌の働きに影響が出てしまうことも。

つまり、エクオールが作れる人でも、 体調やストレスにより作れなくなってしまう恐れがあるのです。

また、様々な研究データによると、 1日に必要なエクオールの目安量は10mgとされています。

この量のエクオールを生み出すために必要な大豆食品の量は、
木綿豆腐で2/3丁、納豆だと1パック程度です。

これぐらいなら簡単に食生活に取り入れられそうな気がしますが、
実はエクオールは、体の中に留めておくことができません。 ぜっかく作られた分も、毎日体の外に排出されてしまうのです。

ということは、毎日たっぷり大豆製品を食べなくてはいけないということ。
毎日コンスタントにエクオールを作るのは、なかなかハードルが高そうです。

エクオールを作れない人がエクオールを摂取する方法

日本人の2人に1人は体内で作りだすことができないエクオール。 しかし勘違いしてほしくないのが、「体の中で作れない」=「成分を摂取できない」ではないということ。

自分の体内で作れない人でも、エクオールサプリメントを飲めば、成分を補うことが可能なのです。

もちろん、エクオールサプリメントで直接摂取した成分も、
腸内で産生した場合と同じように、エストロゲンと似た働きをしてくれます。

これは、エクオールを作れる人にとってもうれしいポイント。
毎日大豆食品を食べる習慣がない人でも、
サプリメントを飲むだけで毎日しっかり成分を摂ることができるのです。

毎日たくさんの大豆製品を食べるのはなかなか難しいですが、
エクオールサプリだったら無理なく生活の中に取り入れやすいですよね。
外出先にも持ち歩ける便利さも、サプリメントの魅力の一つです。

心身の変化を感じている方は、まずはサプリメントから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ホルモンバランスが乱れると、イライラしたり肌が荒れたりなど、心にも体にも影響が出やすくなります。 特に、女性らしさを保ってくれる女性ホルモンについての情報は気になるものですね。

女性ホルモンは、テレビや雑誌などで取り上げられることも多い話題です。
「エストロゲン」「エクオール」というキーワードについて、「言葉だけは聞いたことがある」という人も多いのではないでしょうか。

改めて話題のキーワードについて、おさらいしていきましょう。

エストロゲン

ホルモンは、体を正常に動かすための物質であり、中でも女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は、「美のホルモン」と呼ばれているほど、美しさをサポートしてくれる成分。
しかしエストロゲンは、年齢とともに分泌量が減ってしまい、それに伴って体と心に変化があらわれる場合がある。


エクオール(別名:スーパーイソフラボン)

女性ホルモン・エストロゲンと似た働きをする成分。
大豆イソフラボンから産生されるが、エクオールを体内で産生できるのは、日本人女性の2人に1人といわれている。
サプリメントで摂取した場合も、体内で産生した成分と同じ働きをしてくれるため、エクオールサプリメントが注目を集めている。


もしエクオールを体内で作れる人であっても、1日に必要な量には足りていない場合があります。
また、生活習慣やストレスなどによって腸内環境が変わると、 エクオールを作れなくなってしまうこともあります。

エクオールを作れるけれど産生量が少ない人は、 まず腸内環境を整えることが重要です。
そのために、食事のバランスにも気を付けてみてください。

とくに、お腹に良い成分として有名な食物繊維は、
エクオール産生菌をはじめとする乳酸菌のエサとなります。
食物繊維を含む食品と大豆食品を一緒に食べることで、エクオール産生菌の働きが活発になりますよ。
食物繊維を含むサプリメントを摂取するのもいいでしょう。

とはいえ、毎日バランスを意識した食事を摂るのは難しいもの。
毎日コンスタントに摂取したいという方は、エクオールサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか。

バランスの良い食事、規則正しい生活、そしてサプリメントの力を借りて、 いつまでも、笑顔あふれる生活を続けていきたいですね!